ラブランシェ ホリスティックビューティケアサロン

オーガニックアロマコスメ&ナチュラルコスメ使用プライベートサロン


アロマセラピー(アロマテラピー)とは

アロマセラピーは、香りやさまざまな働きの力を借りて、心身のトラブルを軽やかに回復し、美と健康のための自然療法です。

 

アロマセラピートリートメントでは、植物の芳香成分を抽出した精油を用いて、美と健康、疲労回復、リラクゼーションやストレスなどに役立てることが出来ます。

 

アロマテラピーという言葉は、20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負った際、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効能を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりです(ラブランシェではイギリス式にアロマセラピーと呼びます)。

 

植物の香りの成分は、数千年もの間、古くは古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。

 

アロマセラピーは、ハーブ療法の1つとも考えられています。

 


アロマセラピーのメカニズム~アロマセラピー(精油)が心と体に作用する経路 ~

☆嗅覚を通しての精神・生理作用

香りの分子が鼻の奥に達し、信号として嗅神経を介して脳へと伝わります。
そこで精神的・生理的に作用します。

☆吸入による作用

呼吸と共に肺の肺胞から血管系へ入り、血流に乗って、全身に作用します。

☆経皮吸収による作用

皮膚の表面(表皮および附属器)から真皮へと吸収され、真皮にある毛細血管まで成分が到達し、全身を巡る循環に乗ります。